アルギニン 熱

偏食が低身長の原因か?

アルギニンを食べ物から摂取する場合、熱で調理しないことが大事です!
アルギニンは熱に弱いので、注意が必要です。
栄養がある食品でも、熱を通すとダメになってしまうものって、よくありますよね。
アルギニンもその典型的な例なので、食べるんだったら、生食ですね。
好き嫌いが激しい人は、結構栄養不足になってしまったりするので、身長が伸びにくいとも言われていますよね。
例えば、偏食で有名な体操の内村選手。
実は身長が161㎝と、かなり小柄なんですよね。
体操をする上では小柄の方が良いのでしょうが。
やはり偏食が原因で低身長なのかなと思ったり・・・。
うちも主人がかなりの偏食なんですが、やっぱり身長が低いんです。
167㎝なので、それほど高くありません。
一方、結婚前に付き合っていた、何でも食べる元カレは身長が185㎝もありました。
特に運動をしていたわけではなかったようですが、好き嫌いをしないで、規則正しい生活をしていたらそうなったと。
夜型で偏食の主人と比べて、生活習慣は真反対だったように感じます。
低身長はそれだけが原因ではないかもしれませんが、やっぱり生活習慣や、偏食の問題っていうのは、身長に影響するのかなって思いましたね。

 

 

アルギニンは生食が理想

アルギニンを摂取する時には、熱を使わないで食べることが大事です。
アルギニンは熱で壊れやすいので、温かい料理には不向きです。
やっぱり栄養って、熱に弱い物が多いですね。
ということは、いくら食材にアルギニンが沢山含まれていたとしても、熱で調理をしないと食べれないものは、アルギニンの摂取には向かないってことですね!
つまり、お肉とか高野豆腐っていうのは、熱調理が多いですから、アルギニンを摂取する食べ物としてはあんまり良くなさそう。
逆に生のままでも摂取が可能な、納豆や豆腐は良さそうですね~。
結局、和食が一番健康的ってことなのかな。
または、ナッツをおやつとして食べたりするのも良さそうですね。
ナッツもアルギニンが豊富なのでおススメです。
子供のおやつにも良いですよね。
子供にポテチとかをあげるくらいだったら、ナッツの方がミネラルなども豊富なので、健康的で良いと思います。
また、ナッツはちゃんとした歯ごたえがあるので良いですよね。
小さい頃は、しっかり噛むことが成長につながると言いますので、食べ応えがあるおやつの方が、やっぱり子供には良いのかもしれません。
ポテチは太るだけで、健康的には良い部分が少ないですよね。

 

 

アルギニンは熱に弱い

アルギニンは熱に弱いという性質があります。
そのため、熱で温めた料理だとアルギニンが台無しになってしまいます。
そのため、アルギニンの摂取は生食が基本ですね。
納豆とか豆腐の場合は、生食がデキるので、アルギニンの摂取には良いのかなって思いました!
やはりアルギニンのサプリメントだけに頼っている生活習慣では、本当の意味では健康になれないと思います。
生活習慣が乱れている人が、いくらアルギニンサプリメントを摂取しても、それだけでは、健康にはなれません。
やはり睡眠や食生活も、しっかり見直していく必要がありますね。
人間は栄養バランスの良い食事によって、体調が変わります。
ある研究では、肉ばかりを食べていると、攻撃的な性格になり、野菜中心の生活をしていると、穏やかな性格になるとか。
確かに私が若かった頃、お肉ばかりを優先していた時には、チョット短気でイライラしたり、攻撃的な感じだったかなって思いました。
今は野菜が大好きになり、毎日食べるようにしていますが、昔の友達からは、「性格、丸くなったよね~」とよく言われます。
それが年齢のせいなのか、食事の変化のせいなのか。
よくわかりませんが、やっぱり食事の影響は大きいと思います。

 

 

アルギニンは熱を加えてはダメ!

アルギニンを効率よく摂取したいのであれば、熱を加えないことが大事になってきます!
アルギニンは熱に弱いので食べ方には気を付けないといけません。
私が、こんなに栄養を気にかけるようになったのは、やっぱり子供を生んでから。
それまでは、全然栄養バランスなんて、考えたこともありませんでした。
しかし、子供が生まれて、お弁当を作るようになったりすると、やはり子供は私の作ったものを食べて生きるわけですから。
私の料理で体が作られていくんだと思ったら、変なものを出せなくなってしまったんです。
当然、肉ばかりでは太ってしまったり、悪玉コレステロールが貯まりやすくなりますので、お野菜も沢山使って、フルーツなども摂取させるように考えるようになりました。
酵素を沢山摂り入れて、発酵食品などにも興味を持つようになりました。
身体によいと言われているお料理は、子供からしたら、ちょっと物足りない部分もあると思いますが、やっぱり子供の将来を考えると、少しずつでも良いから、体に良い物を食べさせてあげたいと思いました。
その上で、どうしても足りなくなってしまう栄養分に関しては、サプリメントで摂取させるのがいいのかなって思います。
サプリメントが食事になるのはダメだと思います。

 

 

アルギニンは冷たいまま食べる

アルギニンは卵や大豆製品に多く含まれていますが、熱に弱いので、冷たいまま食べる必要があります。
熱で温かくした食べ物からは効率良くアルギニンを摂取できません。
なので食品からアルギニンを摂りたい場合は、やっぱり生が良さそうです。
私はこの話を聞いた時に、映画『ロッキー』で、ロッキーが生卵を一気飲みしていたシーンを思い出しました!
「ああ~、だからロッキーは、生卵を飲み込んでいたのね」と、妙に納得!
ロッキーがトレーニングの合間に、生卵が5、6個つまったジョッキを一気飲みするシーンがあるんです。
当時は、なんで生卵を飲み込んでいたのか、よくわかりませんでした。
でも、今になって見れば、ロッキーはそうやって、生卵からアルギニンを摂取していたってことなんでしょうね!
熱を加えるとアルギニンが壊れてしまうので、ゆで卵ではなく、生卵だったのかと。
小さい頃のもやもやが、今になって、まさかすっきりするとは思いませんでした!
やはりアスリートは、生卵で摂取した方が、アルギニンの摂取のためにも良いんですね!
なんだか、もう一回、ロッキーの映画を見たくなってしまいました。
これからあのシーンを見るために、アルギニンサプリのことを思い出しそうです。

トップへ戻る